不妊・生理痛・生理不順 ( 反応点治療研究会症例集 )

不妊の原因に排卵障害・卵管障害・着床障害(子宮粘膜のコンディション)があります:このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が不妊症や生理不順に関わる東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不妊治療

症例 30代 女性

初回
10年前に第一子を出産し、8年前には子宮外妊娠で左卵管を切除している。第二子が欲しいため6年前より不妊治療を行っている。受精卵の移植を検討しているようだ。不妊治療に鍼灸が期待できると聞き、治療に来られた。腹、特に下腹部に力が無く、反応点が顕著で足の冷えがつらいようだ。

2回目
前回の治療後、体が温かくなり、肩も軽くなった様子だった。下腹部、特に子宮の反応はまだあまり改善が見られない。そこで家庭でのセルフケアを徹底するように指導した。

5回目
下腹部の反応に改善が見られた。また、冷えにも改善が見られた。

9回目
子宮など、下腹部の反応点は顕著に改善している。産婦人科医から翌月に受精卵を戻す相談をされているらしい。しかし今の状態では少し心配もあるので、さらに状態が改善してからの方がいいのではないかと提案した。

13回目
この日の午後に受精卵を移植することになっている。反応点は、かなり改善しているので「大丈夫ですよ」と自信をもって送り出した。

(最終)
移植後も治療を継続していたが、この日に着床の確認がとれたようだ。

治療のポイントと反応点の状況
膀胱、子宮、卵巣の反応点を重点的に治療した。同時に体調管理に気を配った。

治療の経過と感想
出産の経験者であり、難しい問題点は無いと考えられる。しかし、妊娠には受精卵移植後、あるいは着床後の子宮の状態が非常に重要であると考えている。この例は子宮環境を整える日数を要したが、通院による体調管理に加えて、家庭でのセフルケアが良い結果を導いたと思っている。現在も治療は継続中であるが、胎児は順調に成長している。


反応点治療研究会      

たつの市  あっぷるはりきゅう院  黒田耕生
 

| あっぷる鍼灸治療院  黒田耕生 | 00:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT