不妊・生理痛・生理不順 ( 反応点治療研究会症例集 )

不妊の原因に排卵障害・卵管障害・着床障害(子宮粘膜のコンディション)があります:このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が不妊症や生理不順に関わる東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢は目前・・・

症例:30代 第1子目

初回
結婚して1年が経つ。自然妊娠できず病院に行くと、卵管狭窄のため体外受精術を促されたようだ。自然妊娠できない動揺と同時に体外受精を成功させたい気持ちから鍼灸治療を希望している。他にもひどい肩こりと背部痛があった。

第3回目
初回から右卵巣に顕著な反応がある。ホルモン療法による副作用だろうかと推察したが、やはり病院では卵巣過剰刺激症候群になりかけだと言われたようだ。卵巣点に注視しお灸を施し、ひどい肩や首の反応点を細かく取っていくように治療を行った。また、自宅でもお灸をすえるように指導を行い、週1回の治療を継続した。

第15回目
移植を行う頃にはひどい肩こりも随分楽になったようだ。無事に移植も終わり陽性反応が出て喜んだものの、受精卵が発育せず残念な結果となった。その後、2周期おいて再度移植。前回同様無事に着床し、受精卵も今回は順調に育ったにもかかわらず心音が確認できず、人工流産となった。しかし、2度の移植でどちらも着床し、2回目の移植後は受精卵も育っていたことから、確実に妊娠できる子宮内環境へ近づいていることを実感した様子だった。現在も治療を継続している。

治療のポイントと反応点の状況
子宮卵巣点。内耳、喉、肺、首、背部の筋の反応点

治療の経過と感じたこと
多くの医療機関では、一般不妊治療検査では問題がなくとも自然妊娠を目的とせず体外受精を行うことが多いように感じる。本症例において、当初から卵管鏡下卵管形成術という選択肢はあったのだろうから、自然妊娠の可能性があることは否定できないと思われる。結果的に流産に至ったことは、子宮粘膜の環境がまだ整っていない可能性があると推測され、引き続き子宮の反応点への治療が必要だと感じている。

反応点治療研究会 

神戸市    さくら はりきゅう院  清水 基子

| さくらはりきゅう院  清水基子 | 09:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT