不妊・生理痛・生理不順 ( 反応点治療研究会症例集 )

不妊の原因に排卵障害・卵管障害・着床障害(子宮粘膜のコンディション)があります:このブログは原因を根本から追求する反応点治療研究会が不妊症や生理不順に関わる東洋医学の鍼灸治療(しんきゅう、はりきゅう)の症例を紹介します。右下のリンクも合わせてご覧下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安定した卵が採卵できない

症例:45歳 女性

初回
40代になってからの結婚ということもあり、すぐに体外授精を試みたが着床せず数回流産している。最近では安定した卵が育たず採卵しても凍結できない。体調を整え元気になりたいと来院された。ご主人の仕事の関係で極端に睡眠時間が短く家族間でのストレスも多いことから、安定した日常生活を送れるように指導し治療を開始した。

2回目~6回目
胃腸の反応が強く感じられる。卵巣も少し腫れやすいようだ。ふくらはぎがつらいとのこと。治療に加えホームケアを薦めるが、あまり行なっていない様子だった。徐々にではあるが、全体の反応の戻り、改善は良くなっていった。

10回目以降
病院での検査では子宮の状態や卵の成長も安定し、採卵するとのこと。しかし、耳やのど、胃、十二指腸の反応が思わしくないように感じられた。嘔吐や吐き気がするとのこと。その後、顕微授精を試みたが卵が育たなかった。ホルモン剤の副作用が強く出たため中止して、漢方薬と鍼灸治療で体調管理をすることにした。薬を止めてからは1個の卵は育っているが採卵すると空胞であった。そして、治療開始から10ヶ月目に無事に採卵凍結。そして体外授精は成功に至った。

治療ポイントと反応点の状況
耳・鼻・目・のど・肝臓、胃腸など全体の反応点。背部、下肢の筋緊張を改善

治療の経過と感想
初診時、疲労困憊で、反応の改善も思わしくなかったが治療を進めていくと少しずつ改善されていった。特に内耳と目、のど、胃腸、子宮の反応が強かった。花粉症や、暴食などもあり反応点を回復するのに多くの刺激量が必要だった。今回の症例では、睡眠時間など生活面の見直しや、自律神経機能の改善、あるいは温灸によるホームケアやご主人の協力も成功へ導いた要因ではないかと考えられる。


反応点治療研究会

大阪市西区 こころ はり灸治療院 稲次昌子

| こころはり灸治療院  中間善也・稲次昌子・野口恵美 | 09:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT